セゾン投信、7月の月次運用報告

セゾン投信への口座開設は無事、終了。そして、月次運用報告のリンクがしるされたメールが送られてきました。

そこで、ちょっときになるチャートを発見。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド「組み入れ開始以来の投資先株式ファンドの値の推移(円貨建て)」というものです。米国、欧州、日本、

アジア、エマージングマーケットと5つの株式ファンドに投資しているわけですが、どう思います?5つの投資先ファンドの基準価額の値動きがほぼ同じって…結局、グローバリゼーションってこういうことなんでしょうか。

 

もちろん、これから金利が上昇したり、緩和から引き締めへと向かうことが明確になれば…いや、でも、おそらくはこの連動は続くのでしょうか?もし、そうだとするならば、これらの株式ファンドへの投資ってどんな意味をもつんでしょうね。おそらくは各地域の参照しているインデックスに連動した基準価額の推移ということになるのでしょうけれども、運用報酬を払って、得るものが、インデックスと同じ動きとは…株価が上昇一辺倒のときに、グローバル・リート・トリプルプレミアムや、豪州高配当株ツインαファンドのようなボロファンドに投資するのはあまりにナンセンスなのはいうまでもありませんが、それにしても、夢がないというか、自分で頑張れば頑張るほど、市場平均に収縮する、いやな感じです。だって、上のチャートからみるに、米国に投資するファンドの比重をマックスにすれば、最良の成績が、それ以外のファンドへの比重を増やせば増やすほど、成績が落ちるってことになるのですから。

 

それから、もう一つ、気になっていたのが、セゾン資産形成の達人ファンドの投資先ファンドの一つである、スパークス・長期厳選・日本株ファンド<適格機関投資家限定>です。こちらは…スパークス・アセット・マネージメントは、あれ、ソロスだったかな?有名な投資家の資金を運用していたことで有名なファンドマネージャー阿部修平社長の運用する投信を扱っています。成績はさぞかし…とおもいきや、「7 月度の騰落率は、日経平均株価の-0.5%、東証株価指数(TOPIX)の+0.4%に対し、スパークス・長期厳選・日本株ファンドは-0.6%でした。」って、あれれ?な感じですね。

 

もしかして…。と気になってスパークス・アセット・マネージメントのホームページ、アクセスしてみました。すると…まあいろいろあります。

もうすこしいろいろ調べてから書いていこうとおもいますが、良いものはすごく良いです。

たとえば、スパークス・新・国際優良・日本株ファンドは、同じ期間のTOPIXなら48.3%のリターンのところ、スパークス・新・国際優良・日本株ファンドは、193%のリターンな訳です。これは、これぞヘッジファンドって感じですよね。わずか10年で元本の2倍。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*