2017年 9月 の投稿一覧

楽天証券、外国株の手数料引き下げ、これはうれしい!

重宝しまくっているマーケットスピードのおかで私の中ではファーストチョイスの楽天証券。9月1日、外国株の手数料の引き下げが発表しました。実施は9月25日(現地時間)の約定分から、だそうですが、これは大変うれしいですね。

↓楽天証券のHPから

日本の証券会社から外国株を売買する場合、手数料と為替手数料が結構、見えにくいコストでもあったのですが、楽天証券の場合、これでほんとうにすっきりしてきましたね。

私自身は海外の口座を開いて外国株を売買したいたこともあるのですが、実は、米国のいわゆるディスカウント・ブローカー、なかなか使い勝手が悪いんです。ツールは別料金を請求してきたり。投資信託であれば、昔とことなり、海外にあるものは殆ど日本でも日本円で購入可能になりました。中国株も米国株も楽天証券で購入可能なのですから、ほとんどワンストップショッピングというか、世界中の投資商品にアクセス可能になりましたね。それも現地の証券会社と比較しても引けをとらないくらいの低手数料で。ただ、すべての銘柄に投資可能というわけではないようですが。

 

あとばビットコインですね。最近、ウオッチしていますが、調べれば調べるほど、おもしろいです。おそらく楽天証券も他のネット証券も参入を検討しているのではないでしょうか?自社でやるのか、先行するビットフライヤーのような取引所(といっても会社)をM&Aか資本参加のような形をとるのか、いずれにせよ、とても楽しみですね。

「運用益がないのに高分配をつづけるのは理解できない」毎月分配型投信について

あまりに各社で大人気な毎月分配型投信、この一年で日経ではどんな風に記事に出てきているのかちょっと記事検索してみました。「毎月分配型投信」で検索したら、32 件でてきました。 その一覧は後でみていただくとして、いろいろおもしろい発見もありました。たとえば、

  1. NISAの対象は「毎月分配型でないこと」(金融庁)
  2. 半分以上の顧客は元本を食いつぶしていると知らずに購入している(金融庁)
  3. 「運用益がないのに高分配をつづけるのは理解できない」(海外ヘッジファンド)

日経はここまではっきり書いているんですね。業界よりのメディアと思っていましたが意外です。これらの各界からの厳しい指摘に対して「元本を取崩していると説明しても高分配を好む年配の顧客は多い」という東海東京証券の意見も紹介していました。

元本を取崩して、受け取る分配金は源泉徴収されるんだから年金への不安云々もないとおもう。明らかに詐欺的商品設計だと私は思います。説明の仕方だと思います。自社の商品設計力、運用能力、説明力の欠如を国や投資家の心理のせいだとしている日本の証券業界の悪い癖がでていると感じました。

以下がこの一年の「毎月分配型」で検索した記事検索の結果です。

2017/08/26 ファンド、REITを翻弄、投信決算の隙狙い短期売買、長期投資家は様子見姿勢(ポジション)

2017/08/11 相続1000兆円時代へ(下)「貯蓄から投資」に逆風、止まらぬ資産の現金化、証券、金融商品離れに苦慮。
2017/08/10 外国株型投信の残高最高、7月末公募投信、2年ぶり102兆円、日本株型、成長期待薄く。
2017/08/07 REIT――ドイツ証券シニアアナリスト大谷洋司氏、年内は1600~1700で推移(プロはこう読む)
2017/07/24 REIT――しんきんアセットマネジメント投信運用部長藤原直樹氏、今後2~3カ月は1700前後(プロはこう読む)
2017/07/17 毎月分配投信、初の資金流出、上期、金融庁批判で。
2017/07/15 REIT下落続く、東証指数、1年10カ月ぶり安値、投信の購入減。
2017/07/13 REIT6月、投信、3カ月連続売り越し。
2017/07/08 REIT「官製相場」第2幕、地銀、金融庁指導でETFシフト、低収益銘柄にマネー(ポジション)
2017/07/06 国内REIT型、高利回りに資金――分配金、相対的に高く(投信番付)
2017/07/04 オフィス指数、安値、REIT1年5カ月ぶり、地価上昇警戒。
2017/06/27 REIT、7ヵ月ぶり安値、オフィスなど、市況悪化を警戒。
2017/06/19 REIT――三菱UFJ国際投信シニアファンドマネジャー梶井広行氏、指数、年内は1700が下値(プロはこう読む)
2017/06/14 米REIT投信の減配続く?――ファイナンシャルプランナー深野康彦さん、人気集中、高利回り確保難しく(家計のギモン)
2017/06/13 投信、REIT売り越し、5月147億円、「毎月分配」資金流出で。
2017/06/01 先進国型、IT関連が上位――米株指数の高値背景に(投信番付)
2017/05/27 REITに思わぬ売り手、毎月分配型投信が一転、金融庁の意向がアダに(ポジション)
2017/05/17 投信、根強い「分配信仰」、金融庁長官が批判で自粛でも…(金融取材メモ)
2017/05/10 投信改革と金融庁の役割(大機小機)
2017/04/28 デキュムレーション(十字路)
2017/04/11 投信、資金流入8割減、16年度、8年ぶり低水準、月々の分配金引き下げで。
2017/03/30 新興国債券型の資金流入額――「為替ヘッジなし」が上位(投信番付)
2017/02/01 ビジネスリーダー、テクノロジー、ライフ、マネー(日経電子版から)
2017/01/31 ビジネスリーダー、スポーツ、テクノロジー、マネー(日経電子版から)
2017/01/28 板挟みの毎月分配投信、金融庁「資産形成にそぐわない」、運用難でも根強い個人需要。
2017/01/18 ビジネスリーダー、ライフ、マネー、テクノロジー(日経電子版から)
2017/01/12 資金流入額上位の海外REIT型――昨年12月は一転流出に(投信番付)
2016/12/28 トランプ相場、個人ひと息――今年の成績、読者調査、4割が運用プラスに(M&I)
2016/12/03 投信積み立てで老後資金作り(日経マネーセレクション)
2016/12/01 毎月型投信の分配金、「過半は元本から」8割、低金利響き運用難。
2016/11/26 老後資産、減らさない技(日経マネーセレクション)
2016/11/12 毎月分配ファンド、安定性で選ぶ(日経マネーセレクション)