|ETFと投資信託は違うの?

ETFと投資信託 違いはなんでしょう?

なんか、もう、ETFてすっかり言葉として定着した感じしますよね。で、投資に関心がないときはそれでもいいのですが、もしかして投資の対象になるのかなあ、なんて思い始めたら、しっかり確認しておいた方がいいのかも、と思って、調べてみました。

投資信託とは?

投資信託が何か?について、詳しく調べるより、投資信託のメリット・デメリットですよね。それが投資信託とはなにか?に対する答えじゃないかな?
ってことで投資信託のメリットについて、簡単にしらべてみたよ。

小額から始められる。

投資ってじつは、最初から結構、まとまった金額が必要だったりします。最近は売買単位が細分化されましたが、たとえば株式だったら、以前な最低でも50万円とか。ですが、投資信託だったら、1万円程度から始めることができるんですよね。しかも殆どの投資信託がいつでも購入できて、おなじようにいつでも売却ができ、また、おなじ投資信託を追加購入という形で買い増しすることもできます。

分散投資が可能

分散投資、これこそが究極のメリットの一つではないでしょうか?50万円で1銘柄、株式をかったとします。あがれば、利益がでますが、下がれば売却するまでは含み損。売却すれば損が確定します。その銘柄選びは投資家が自分でしなければなりませんよね。当たり前と言えばあたりまえですが。しかし、投資信託であれば、いろいろな投資家からあつめたお金をまとめて一緒に運用するわけですから、「1万円のうち100円分をA社に」という風に、複数の銘柄に分散投資することができます。これは、リスクを分散するという観点からもとってもよいことですよね。

個人ではアクセスが難しい市場、銘柄への投資が可能

海外の高金利の国債への投資を考えてみればわかりやすいのではないでしょうか。言語の問題も税金や法律の問題も投資信託を通じて、であれば、心配する必要はありません。

専門家が運用

専門家が運用してくれるので、こちらは「心配する必要がない」、とまではいえないものの少なくとも自分で運用するよりは好成績が、あるいは一瞬で大金をうしなうリスクはおおきく減少すると言えます。

ETFとは?

証券取引所で株のように取引される投資信託のことです。それって普通の投資信託と何がちがうの?どうしてわざわざETFなんて異なる呼び方をするの?って私は疑問に思いました。

 

ETFの特徴

一番は株のように日々の売買が可能ってことに尽きますよね。って簡単に片付けるわけにもいきませんので、他にも投資信託との違いをあげると

  • ETFは証券会社に口座が必要です。投資信託だけなら、証券会社でなくても、銀行とかでも買えます。
  • 取引価格:ETFはその単位を売りたい人と買いたい人の思惑が一致、つまり売値で買うか、買値で売るか、という選択なのですが、投資信託の場合は、純資産価格での購入となります。
  • 上記に関連してますが、売買については、成り行きや指値での注文が可能です。
  • 価格の変動:ETFは一日の間で価格が変動しますが、投資信託は1日に1回、純資産価格が出て、この金額での売買となります。
  • 信用取引:ETFは信用取引が可能ですが、投資信託は不可能です。信用取引ってなにか?これは…別に頁をつくってせつめいしますね。便利だけど怖い。ハイリスク・ハイリターンの典型です。

とまあ、主なところだとこんなところかな。細かいところをみていくときりがないので、売買する上で明らかに差が出る違いだけ調べて書き出してみました。